パナメーラ

ポルシェ

新型ポルシェ パナメーラ

2016年6月28日ベルリンで新型「パナメーラ」が発表されました。7年ぶりのフルモデルチェンジです。日本では2016年7月28日から販売されております。

新型パナメーラのデザイン

パナメーラ

新型パナメーラのボディサイズは、全長5049mm×全幅1937mm×全高1423mm、ホイールベースが2950mmとなっている。初代パナメーラ(マイナーチェンジ後)と比較すると全長+34mm、全幅+7mm、全高+13mm、ホイールベース+30mmとともに若干大型化されています。

パナメーラ

デザインの大枠は初代パナメーラから受け継いでいるが、よりポルシェを代表する911(991)のデザインを意識したものになっています。

またトップからリアにかけてのルーフラインはより傾斜がボディの前から始めることにより、リアが20mm低くなっており、初代パナメーラのステーションワゴン的な感覚がなくなり、スタイリッシュなデザインになっています。テールランプは991のデザインに近くなり、細い形状になっております。

パナメーラ
パナメーラ

新型パナメーラのインテリア

パナメーラ
パナメーラ

インテリアに関しては大幅にデザインが変更されています。初代パナメーラではこれでもかというくらいセンターコンソールにスイッチ類が多く配置されていましたが、新型パナメーラではブラックパネルにエンジンを始動するとボタンが写し出されるタッチパネル形式になりました。

またディスプレイは大型化され、次世代ポルシェコミュニケーションマネージメントシステム(PCM)の12.3インチ タッチスクリーンがレイアウトされることになりました。

パナメーラ

さらにメーター類は左右に2つの7インチディスプレイを配置。中央のレブカウンターのみは伝統のアナログメーターを配置しております。この辺がポルシェのコックピットに収まったときの運転の気持ちを高ぶらせる要素になっているのではないでしょうか。

新型パナメーラの性能

グレード 価格 エンジン 最高出力 最大トルク
パナメーラ4S 15,910,000円 V6ツインターボ
2,894 cc
440ps(324kW)/5650~6600rpm 56.1kg・m(550 N・m)
/1750~5500rpm
パナメーラ4E
ハイブリッド(4WD)
14,070,000円 V6ツインターボ
2,894cc
462ps(340kW)/6000rpm 71.4kg・m(700N・m)
パナメーラターボ 23,270,000円 V8ツインターボ
3,996cc
550ps(404kW)/5750~6000rpm 78.5kg・m(770N・m)
/1960~4500rpm


ダウンサイジングして燃費をアップさせながらも性能もアップしております。
今後もさらなるモデルが追加されることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. パナメーラ

    ポルシェ

    ポルシェ パナメーラ

    私が今最も欲しい車がポルシェパナメーラです。2016年6月28…

  2. S63 AMG

    ベンツ

    メルセデスベンツSクラス(W221)をカスタム

    ベンツSクラスは憧れの車でした。皆さんの中にもベンツSクラスに乗りたい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. S63 AMG

    ベンツ

    メルセデスベンツSクラス(W221)をカスタム
  2. 買取

    買取

    買取業者の紹介
  3. 売却の時期

    買取

    売却の時期
  4. 買取交渉

    買取

    買取業者との交渉をうまくすすめる方法
  5. 標準状態

    買取

    標準状態とは
PAGE TOP