標準状態

買取

標準状態とは

突然ですが、車の「標準状態」をご存じでしょうか。

標準状態とは、車を査定する際に、査定車の状態と比較する際に基準となる状態のことをいいます。買取業者査定士は、査定車の状態と標準状態を比較することで査定価格を決定しています。

一般社団法人日本自動車査定協会(JAAI)では標準状態の定義を6項目設定しています。

標準状態

標準状態
1. 内装・外装は無傷であること
2. エンジン・足回りは走行に支障がなく良好であること
3. 車検が残り月数が3ヵ月以内
4. 走行キロ数は標準であること
5. タイヤの残り溝が1.6mm以上(スリップサインが出ていない)
6. 事故修復歴や、改造工作がなく損傷減価要因(腐食・臭い)等がないこと

加減点基準

査定車の状態と標準状態を比較する際に使用する基準が加減点基準です。

加減点基準は次の表のようなものです。これらの項目によって加点、減点され、査定価格が決定します。
加減点基準

車両の検査基準

買取業者査定士は標準状態や加減点基準を参考に車を査定しますが、査定士は人ですので、同じ車を査定したとしても点検方法は異なり、査定額にも差が出てしまいます。特に経験者であればあるほど、査定士のこだわりや好み、見落としがでてきますので、一般的な査定額とかい離が生まれる可能性があります。

かい離がでてしまうことは車を売却する人にとってみると、不公平になってしまいますので、車の検査方法にも基準があります。

車の検査手順を統一させることによって、査定士のこだわりや好み、見落としを防ぐことができますし、査定士としてもある程度作業を定型化することが効率的に車を検査することでできます。

(標準的な検査手順)
1.外周一巡 : ナンバープレート、全体の印象
2.運転席及び室内 : 自動車検査証・保険証の転記、走行キロ・装備品の確認、内装の状態確認
3.エンジンルーム : 車台番号の確認、修復歴・部品交換跡等の有無確認、装備機器の有無確認
4.前部 : 前部及び下回り、フロントガラス
5.側面 : 側面外板及びピラー、下回り
6.後部 : 後部外板及びトランクルーム内、下回り
7.ルーフ : ルーフパネル及び各ガラス
この7項目が標準的な検査手順となっています。

このような流れで買取業者査定士は車を査定しているのですね。

ある程度検査する項目が決まっており、また基準となる車の状態が明確化されているので、基本的にはあまり車の査定額にかい離はでないはずです。
しかしながら、査定士は人ですし、また時期によって買取業者が調達したい車も異なりますので、まずは複数の買取業者に査定してもらうことが重要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 加点ポイント

    買取

    査定の加点ポイント

    先日、標準状態の記事で査定の際に基準となる車の状態である「標準状態」が…

  2. 高く査定

    買取

    高く売るために査定までに準備すること

    さて、買取業者査定士に愛車を査定してもらう前にある準備をすることで査定…

  3. 走行距離

    買取

    走行距離でそんなに違うの?

    車を売却する時に重要になってくるのが走行距離です。走行距離は買取業…

  4. 中古車

    買取

    まずは売却する車と同条件の中古車価格の検索

    車を売却する際にまず把握する必要があることがあります。それは「買取相場…

  5. 買取査定

    買取

    買取から店頭販売までの流れ

    中古車買取業者は買取った車をどのように販売しているのでしょうか。中…

  6. 売却の時期

    買取

    売却の時期

    いつなら最高値で売れるの?車が最高値で売れるのは一般的には車購入需…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 1月 04日
    トラックバック:査定の加点ポイント
  1. 売却の時期

    買取

    売却の時期
  2. S63 AMG

    ベンツ

    メルセデスベンツSクラス(W221)をカスタム
  3. パナメーラ

    ポルシェ

    新型ポルシェ パナメーラ
  4. 一括査定

    買取

    一括査定の活用
  5. 買取査定

    買取

    買取から店頭販売までの流れ
PAGE TOP